※当サイトはアフィリエイト広告を利用してます。
一般人向け介護保険

高次脳機能障害の介護が疲れたと感じる人へ!原因と解決策を紹介

 

高次脳機能障害の家族の介護が疲れた。」

高次脳機能障害の介護が疲れて解決策を知りたい!

 

このような悩みを解決できる記事です。

 

高次脳機能障害の症状はさまざまでその介護の疲れもさまざまだと思います。

この記事では以下のようなことがわかります。

  • そもそも高次脳機能障害とは?
  • 高次脳機能障害の介護が疲れる理由
  • 高次脳機能障害の介護疲れの解決方法

 

それでは解説していきます。

この記事を読んで、今、高次脳機能障害の介護疲れがある人が少しでも楽になっていただけると嬉しいです。

 

高次脳機能障害とは?わかりやすく紹介

高次脳機能障害とは、脳の一部が正常に機能しないために起こる問題のことです。

脳は私たちの体の司令塔であり、様々な機能をコントロールしていますが、高次脳機能障害では、思考力や判断力、社会的な行動など、複雑な脳の機能に問題が生じることがあります。

高次脳機能障害には以下のような障害があります。

高次脳機能障害の種類・症状
  • 記憶障害
  • 注意障害
  • 遂行機能障害
  • 社会行動障害

 

それぞれ紹介していきます。

 

記憶障害

記憶障害は、高次脳機能障害の一つで、過去の出来事や情報を覚えることに困難を感じる症状です。

日常生活での忘れ物が増えたり、人の名前や大切な日を覚えているのが難しくなることがあります。

例えば、鍵の場所を忘れたり、予定をうっかり忘れてしまうことがあります。

これは脳が情報を正しく記憶・処理できないために起こるもので、本人だけでなく周囲の人々にも影響を及ぼすことがあります。

 

注意障害

注意障害は、集中力や注意力に問題がある症状です。

日常生活での作業や会話中に、途中で気を散らしてしまったり、長時間同じことに集中することが難しいと感じることがあります。

例えば、テレビを見ている最中に何をしていたか忘れてしまったり、本を読んでいても内容が頭に入ってこないことがあります。

このような症状は、脳が情報を適切に処理・保持できないために生じるものです。

 

遂行機能障害

遂行機能障害は、計画を立ててそれを実行する能力に障害がある症状です。

日常生活でのタスクの遂行において、順序やステップを間違えたり、手順を理解するのが難しいと感じることがあります。

例えば、料理のレシピを読んでも手順がわからない、電車の乗り換え案内を追うのが難しいといったことが考えられます。

脳が複雑なプロセスを適切に調整できないために、このような症状が生じることがあります。

 

社会行動障害

社会行動障害は、他人との関わりや適切な行動が難しい症状です。

日常生活でのコミュニケーションや人間関係の構築が困難になることがあります。

例えば、適切な距離感を保つことが難しかったり、相手の感情を読み取るのが難しいと感じることがあります。

これは脳が他人との関わりを適切に処理できないために起こるもので、孤立感やストレスを引き起こす可能性があります。

 

高次脳機能障害の介護が疲れる理由

高次脳機能障害の介護が疲れる理由は以下のようなことが挙げられます。

高次脳機能障害の介護が疲れる理由
  • コミュニケーションが難しい
  • 興奮したり怒ったり、泣いたりする
  • 安全を確保することが難しい
  • 介護するときに身体的な負担がある
  • 社会的孤立感を感じることがある

 

一つずつ紹介していきます!

 

コミュニケーションが難しい

高次脳機能障害の方々とのコミュニケーションは、時に困難を伴うことがあります。

言葉の理解や表現能力が低下しているため、意思疎通がスムーズに行かないことがあります。

これにより、介護者は相手の気持ちや要望を正しく理解することが難しく、誤解や混乱が生じることがあります。

相手が何を求めているのかを把握しようとする過程で、疲労やストレスが蓄積されることがあります。

 

興奮したり怒ったり、泣いたりする

高次脳機能障害の方々は、感情のコントロールが難しい場合があります。

突然の興奮や怒り、泣き出すことがあるため、その対応に介護者は神経を使います。

理由がわからないまま感情が高ぶることもあり、その状況に介護者が適切に対処しようとすると、精神的なエネルギーが消耗されます。

このような状況が続くと、介護者自身のストレスが増大し、疲労感を感じることとなるでしょう。

 

安全を確保することが難しい

高次脳機能障害の方々は、日常生活において危険にさらされる可能性があります。

例えば、認知機能の低下により、火の取り扱いや誤った服薬などが起こることがあります。

介護者は常にその方の安全を確保するために気を配り、監視しなければならない責任を担っています。

しかし、事故やトラブルを未然に防ぐためには常に用心深くなる必要があり、これにより身体的なだけでなく精神的な負担も増えることが考えられます。

 

介護するときに身体的な負担がある

高次脳機能障害の方々の介護には、身体的なケアも必要です。

移動のサポートや入浴の手伝い、食事の介助などが含まれますが、これらの作業は介護者の体力を要します。

特に体重がある方や、急に動きが激しくなる方の場合、介護者はその力にならなければなりません。

長時間の介護作業は肉体的な疲労を引き起こし、日々の生活にも影響を与えることがあります。

 

社会的孤立感を感じることがある

高次脳機能障害の介護者は、自身の時間や社会的な活動を犠牲にしがちです。

介護のために外出や趣味が制限され、家庭内での時間が増えることで、社会的な交流が減少してしまうことがあります。

また、介護者は専門的な知識や経験を持たないことが多く、周囲とのコミュニケーションにおいても理解されにくいことがあるかもしれません。

これにより、孤独感や理解されていないという感情が生じ、心の負担となることが考えられます。

 

高次脳機能障害の介護が疲れた人への解決策提案

高次脳機能障害の介護が疲れた人への解決策をいくつか提案します。

自分自身にあったものを検討してみてください。

 

介護をしている自分自身もリフレッシュする

高次脳機能障害の介護をすることは、身体的・精神的に大きな負担を強いられることがあります。しかし、自分自身のケアも忘れてはいけません。介護者が健康であることが、患者さんへの適切なケアを提供する上で重要です。

1. 趣味や興味を持つ

介護の合間に自分の趣味や興味を持つ時間を作ることは、心のリフレッシュに繋がります。音楽を聴く、読書をする、散歩をするなど、気分転換ができる活動を取り入れましょう。これにより、介護以外の楽しみを感じることができます。

2. リラックス法を取り入れる

ストレスを軽減するために、リラックス法を実践することもおすすめです。深呼吸や瞑想、ヨガなどの方法を試してみてください。これらの方法は、心身の疲労を和らげる助けとなることでしょう。

3. 相談を受ける

一人で全てを背負う必要はありません。家族や友人に助けを求めることで、気持ちの面でも楽になることがあります。時にはプロのカウンセリングを受けることも考えてみましょう。

同じ状況の人と情報交換をする

高次脳機能障害の介護者は、同じ状況にある他の人との情報交換が大いに役立ちます。経験者同士でのコミュニケーションは、知識やアドバイスの共有、そして気持ちの共感を得る手段となるでしょう。

情報交換の場としては、以下の方法があります。

1. オンラインコミュニティへ参加する

インターネット上には、高次脳機能障害の介護に関するフォーラムやグループが存在します。こうしたコミュニティに参加することで、他の介護者と交流し、情報を交換することができます。

2. セミナーやワークショップに参加する

専門家によるセミナーやワークショップは、介護者同士の交流の場としても活用できます。新しい知識を得るだけでなく、他の方々の経験を聞くことで、自身の介護のアプローチを見直すきっかけにもなるでしょう。

書籍で高次脳機能障害を理解する

高次脳機能障害についての理解を深めることは、介護の質を向上させる一環となります。

専門書や体験談を通じて、症状や対処法、介護方法について学ぶことが大切です。

1. 専門書を読む

高次脳機能障害に関する専門書は、その症状や背景、最新の治療法などについて詳しく解説されています。医学的な知識を深めることで、介護の際に的確なアプローチができるようになります。

2. 実体験を綴った本を読む

実際に高次脳機能障害の患者さんやその家族が書いた本も多く存在します。これらの本を読むことで、日常の悩みや工夫、希望を共感しながら学ぶことができます。

created by Rinker
合同出版
¥1,980
(2024/07/16 22:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

介護疲れを感じたら施設入所も検討する

介護疲れが限界に達した場合、施設入所を検討することも一つの選択肢です。

施設入所は、プロのスタッフによるケアを受けることができ、介護者自身の負担を軽減する手段となります。

 

施設選びは以下のサイトの資料請求がおすすめです。

資料請求は無料ですので請求してみましょう!



資料請求はこちら


資料請求はこちら

 

リハウルフ
リハウルフ

今回は、『高次脳機能障害の介護が疲れたと感じる人に対して原因と解決策』を紹介しました。

高次脳機能障害の症状は人それぞれです。

また皆さんが置かれている環境もそれぞれだと思います。

この記事を通して少しでも介護疲れの解決策のヒントを見つけてくれたら嬉しいです。

 

ABOUT ME
リハウルフ
理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/他に3メディアの編集長/ YouTube「リハウルフ」運営/セミナー経験多数/厚生労働省のホームページを見ることが趣味