一般人向け介護保険

むせやすいのは、病気?むせる理由と病気を疑ったら確認したいこと

 

家族が食事中にむせやすくて、食べるのに時間がかかる
むせやすい病気ってあるのかな?

このような疑問を解決できる記事です。

 

この記事でわかることは以下の通りです。

 

  • むせやすい理由は病気?
  • むせやすい病気なのか確認すること
  • むせやすい病気を疑ったらやること

 

むせやすい状態によっては、早めの受診をおすすめしますが、できることをまとめたので参考にしてください。

 

むせやすい理由は病気?

「むせやすい理由は病気なのか?」について、説明します。

  • むせる理由
  • むせやすい病気

順番に説明していきますね。

 

むせる理由

むせる理由は、気管に入った食べ物や唾液を出そうとしているからです。

食べ物は、口からのどを通って食道へ運ばれますが、食道ではなく気管に入ってしまうと、むせて食べ物を出そうとします。

気管に入ってしまうのは、飲み込むタイミングがずれていたり、気管の入口を閉じきれていなかったりなどが考えられるでしょう。

むせるのは、気管に入らないように身体を守る仕組みといえますね。

 

むせやすい病気

むせやすい病気には、嚥下(えんげ)障害があります。

嚥下は、食べ物を口に入れ、かんで、のどに送り込んで、ごっくんと飲み込んで食道から胃へ送る運動です。

嚥下障害とは、嚥下の流れが上手くいかない障害をいいます。

脳血管障害、加齢、精神面などが原因です。

例えば、ごっくんと飲み込むタイミングがずれたり、飲み込む力が弱くなったりします。

また、食べ物が食道ではなく、気管に入ってしまうのは誤嚥(ごえん)です。

むせても気管から出せないと、細菌感染などを起こして誤嚥性肺炎になります。

 

むせやすい病気なのか確認すること

むせやすい病気なのか確認することは以下の通りです。

  • 食事の様子
  • 普段の様子

2つの場面を確認してください。

 

食事の様子

食事の様子で確認したいのは、以下の内容です。

  • むせる
  • 上を向いて飲み込もうとする
  • 口から食べ物がこぼれてくる
  • 食べ物が鼻から出てくる
  • 口の中に食べ物が溜まっている
  • 食べ物や酸っぱい液が胃から戻ってくる
  • 胸に食べ物が残ったりつまったりする
  • 食事すると疲れる
  • ガラガラ声になる
  • 食べるのに時間がかかる
  • 硬いものを残す

上を向いて飲み込もうとするのは、舌がうまく使えていないからかもしれません。

ガラガラ声は、声を出す声帯に食べ物が溜まってしまうと起こります。

 

普段の様子

次に、普段の様子で確認したいのは、以下の内容です。

  • 発熱を繰り返している
  • 痰(たん)が増えた
  • よだれが多い
  • ろれつが回らない
  • 痩せてきた
  • 食欲が低下してきた
  • 食べ物の好みが変わった

発熱を繰り返しているのは、少しずつ肺に食べ物や唾液が入っているのかもしれません。

むせずに飲み込める食べ物を好んで食べるようになると、周りからは好みが変わったようにみえます。

 

むせやすい病気を疑ったらやること

むせやすい病気を疑ったらやることを4つ紹介します。

  1. 食事前に嚥下体操
  2. やわらかく水分のある食事
  3. 静かな食事環境
  4. 病院に受診

 

順番に説明しますね。

 

食事前に嚥下体操

食事前に嚥下体操をしましょう。

誤嚥は1口目に多いといわれているからです。

食べる前に準備して、整えてくださいね。

嚥下体操は、首・唇・舌の運動や発音練習を、ゆっくり10回くらい行うと良いでしょう。

首の運動は、前後・左右・かしげる運動を行ってください。

唇の運動は「うー」と言いながらタコのようにとがらせ、「いー」といいながら唇を横に引きます。

舌の運動は「べー」と出したり、左右の唇の端に舌先をつけたりをしてください。

また、おでこに手のひらを当てて、手で押さえながら下を向く体操をすると、飲み込む力が鍛えられます。

人によって痛みがあるため、無理のない範囲で行いましょう。

発音練習は、舌を動かす「パ・タ・カ」の発音や、早口言葉を使って話す機会を増やしてください。

嚥下体操は、すぐに効果が出るものではないため、毎日続けてみましょう。

 

created by Rinker
¥1,430
(2023/05/31 21:18:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

やわらかく水分のある食事

やわらかく水分のある食事を用意してください。

噛みやすく、まとまりやすいため、飲み込みをしやすくなります。

ご飯や焼き魚、レンコンや人参などは、やわらかいご飯や煮魚、煮物に変えると飲み込みやすくなるでしょう。

口の中が乾燥しているとむせやすい方もいるため、水分を含んだ食事を用意してくださいね。

 

静かな食事環境

静かな食事環境で召し上がってください。

テレビがついていたり、目の前で人が動き回っていたりすると、飲み込みに集中できないからです。

例えば、庭が見える窓辺や壁を向いた席などを試してみましょう。

普段の食事場所と静かな場所で食べる様子を比べてくださいね。

 

病院に受診

早めに病院の受診を考えましょう。

食事のむせこみ以外にも、身体に症状があるかもしれません。

嚥下障害は耳鼻科以外や専門外来があります。

むせこみが続くなら受診を検討してくださいね。

 

むせこみが続くなら早めに対処しましょう

今回は、むせやすい理由は病気なのか、むせやすい理由に嚥下(えんげ)障害を疑ったら、むせやすいときにできることについて紹介しました。

むせが多く発熱を繰り返すなど気になる様子がある方は、耳鼻咽喉科や専門の外来の受診も検討してください。

ABOUT ME
リハウルフ
理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/「リジキャリ」編集長/「介護未来マガジン」編集長/「みんなの介護」ライター/セミナー経験多数 他