訪問リハビリテーション

介護保険の訪問リハビリテーションに回数制限はあるのか?【2021年度】

 

訪問リハビリテーションって回数制限あるのでしょうか?

このような疑問にお答えします。

 

リハウルフ
リハウルフ
この記事では下記のことが分かります!

・訪問リハビリ(介護保険)の回数制限

・訪問リハビリ(要支援/介護予防)の回数制限

・訪問リハビリ(医療保険)の回数制限

 

訪問リハビリテーション(介護保険)に回数制限はあるのか?【2021年度】

結論からお伝えします。

訪問リハビリテーションには回数制限があります。

 

原則、訪問リハビリテーションは6回/週までというルールがあります。

「1回=20分」ですので、120分/週となります。

 

ただし、退院(所)から3ヶ月以内は12回(240分)/週まで可能です。(令和3年度介護報酬改定で変更)

 

 

指定訪問リハビリテーションは、利用者又はその家族等利用者の看護に当たる者に対して1回当たり20分以上指導を行った場合に、1週に6回を限度として算定する。

ただし、退院(所)の日から起算して3月以内に、医師の指示に基づきリハビリテーションを行う場合は、週12回まで算定可能である。

出典)厚生労働省

 

訪問リハビリテーションの回数制限の具体例

ちびウルフ
ちびウルフ

回数制限の具体例を教えて!

リハウルフ
リハウルフ

了解!

 

下記の表は「〇〇分の訪問なら週○回訪問できる!」ということを示したものです。

 

1日の訪問リハビリの回数制限はあるのか?

1日の中での訪問リハビリの回数制限は退院(所)から3ヶ月間は12回、原則6回となっています。

よって、1日(1度)の訪問で120分(6回分)の訪問をすることも可能なのです。

120分の訪問を活用することで、電車やバスなどの公共交通機関を利用した訪問リハビリや料理や買い物といった時間のかかる訪問リハビリも可能となります。

 

Q.1日のうちに連続して40分以上のサービスを提供した場合、2回分として算定してもよいか。

A.・ケアプラン上、複数回のサービス提供を連続して行うことになっていれば、各サービスが20分以上である限り、連続していてもケアプラン上の位置づけ通り複数回算定して差し支えない。
・ただし、訪問リハビリテーションは、1週に6回を限度として算定することとなっていることに注意されたい。

出典)30.3.23事務連絡「平成30年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.1)(平成30年3月23日)」の送付について〔63〕

 

訪問リハビリテーション(要支援)の回数制限

介護予防訪問リハビリテーションの回数制限も要介護と同様です。

 

要支援1だから週1回、要支援2だから週2回などというルールはありません。

 

ただし、介護保険の限度額があるため、多くの回数を利用することができないという現状もあります。

訪問リハビリテーション(医療保険)の回数制限

医療保険の訪問リハビリテーションは、在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料というものです。

 

在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料とは?現役PTが徹底解説!医療保険の訪問リハビリテーションのことを「在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料」と言います。 この記事を読めば、在宅患...

 

医療保険ですので、「20分=1単位」という数え方をします。

原則、週6単位という回数制限があります。

しかし、退院の日から3月以内は週12単位まで可能です。

また、急性増悪等(FIMまたはバーサルが5点以上悪化)により一時的に頻回の指導管理が必要となった場合は、6月に1回に限り、14日は1日4単位可能となります。

 

医療保険の訪問リハビリ(在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料)は、制度の特性上使い難いサービスではありますが、上手に活用することで利用者さんに高頻度で訪問リハビリを提供することができるため、覚えておくことが大切となります。

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住/理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/「みんなの介護」ライター/セミナー経験多数(プロフィール欄参照) 他