※当サイトはアフィリエイト広告を利用してます。
訪問リハビリテーション

退院時共同指導加算とは?【訪問リハビリテーション】

 

リハウルフ
リハウルフ

令和6年度介護報酬改定で新設された訪問リハビリテーションの退院時共同指導加算について解説します。

 

退院時共同指導加算とは?【訪問リハビリテーション】

退院時共同指導加算とは、退院時の情報連携を促進し、退院後早期に連続的で質の高いリハビリテーションを実施する観点から、医療機関からの退院後に介護保険のリハビリテーションを行う際、リハビリテーション事業所の理学療法士等が、医療機関の退院前カンファレンスに参加し、共同指導を行ったことを評価する加算です。

 

単位数

  • 退院時共同指導加算:600単位/回

 

算定要件

訪問リハビリテーションにおける退院時共同指導加算の算定要件は以下のとおりです。

 

  • 病院又は診療所に入院中の者が退院するに当たり、訪問リハビリテーション事業所の医師又は理学療法士、作業療法士若しくは言語聴覚士が、退院前カンファレンスに参加し、退院時共同指導※を行った後に、当該者に対する初回の訪問リハビリテーションを行った場合に、当該退院につき1回に限り、所定単位数を加算する。

 

※ 利用者又はその家族に対して、病院又は診療所の主治の医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士その他の従業者と利用者の状況等に関する情報を相互に共有した上で、在宅でのリハビリテーションに必要な指導を共同して行い、その内容を在宅でのリハビリテーション計画に反映させることをいう。

 

退院時共同指導加算のQ&A(厚生労働省)

coming soon

ABOUT ME
リハウルフ
理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/他に3メディアの編集長/ YouTube「リハウルフ」運営/セミナー経験多数/厚生労働省のホームページを見ることが趣味