※当サイトはアフィリエイト広告を利用してます。
訪問看護

訪問看護のオンコール当番の日に寝れない理由と対策を紹介

 

訪問看護のオンコール当番の日になかなか寝れない。

このような悩みがある訪問看護師もいるのではないでしょうか?

 

この記事では、オンコールの悩みであるなかなか寝れないということに焦点を当てて解説したいと思います。

 

この記事でわかることは以下のとおりです。

  • 訪問看護のオンコールで寝れない3つの理由
  • 訪問看護のオンコール当番で寝れない時の対策

 

それぞれ紹介していきたいと思います。

 

訪問看護の夜のオンコール当番の日に寝れない理由

訪問看護は医療の一環として、患者の自宅を訪問して看護業務を行う重要な役割を果たしています。

その中でも、夜間のオンコール当番の日は、看護師にとって特に激務であり、睡眠不足や寝れない日が多いことがあります。その背後にはさまざまな理由が存在します。

 

訪問看護の夜のオンコール当番の日に寝れない理由は以下のようなことがあります。

 

オンコールの日に寝れない理由
  1. 突然の電話の不安や緊張でドキドキして寝れない
  2. 翌日のために寝なくてはいけないというプレッシャー
  3. 緊急訪問で出動するため寝れない

 

それぞれ紹介していきます。

 

突然の電話の不安や緊張でドキドキして寝れない

夜間のオンコール当番の日に寝れない理由の一つとして、突然の電話による不安や緊張が挙げられます。看護師はいつでも患者からの緊急の連絡に対応する準備をしなければならず、その不安が心理的な負担となって睡眠の質を低下させることがあります。夜遅い時間帯に電話がかかってきた場合、その後の業務や対応に備えてドキドキしてしまい、なかなかリラックスして眠ることが難しくなるでしょう。

翌日のために寝なくてはいけないというプレッシャー

訪問看護の夜のオンコール当番の日には、翌日に備えてしっかりと睡眠をとる必要があります。しかし、そのために逆にプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。「寝なくてはいけない」という意識が強まることで、逆に寝付けなくなることがあります。過度な意識がかえって睡眠を妨げる結果となることから、翌日の業務への不安やプレッシャーが睡眠不足を引き起こす要因となることが考えられます。

緊急訪問で出動するため寝れない

訪問看護の夜のオンコール当番の日には、いつでも緊急の訪問に出動する可能性があるため、寝れないことがあります。緊急の場合、素早い対応が求められるため、看護師はいつでも出動できる状態でなければなりません。そのため、夜中に眠っている最中に急な訪問依頼が入った場合、一気に覚醒してしまい、その後の睡眠に影響を及ぼすことがあります。このような状況は看護師の生活リズムを乱し、睡眠の質を低下させる可能性があります。

 

訪問看護のオンコールの時に寝れない場合の対策

訪問看護のオンコール当番の日に寝れないことは、看護師にとって身体的・精神的な負担となります。しかし、そのような状況に備えて、対策を考えることは重要です。

 

訪問看護のオンコールの時に寝れない場合の対策は以下のようなものがあります。

 

オンコールで寝れない時の対策
  1. 寝れない場合は翌日を元から休みにしてもらう
  2. 緊急訪問で出動した場合は休みにしてもらう
  3. 栄養ドリンクなどに頼る
  4. 家事などを夫や家族などに頼る(女性の場合)

 

それぞれ説明していきます。

 

寝れない場合は翌日を元から休みにしてもらう

訪問看護のオンコール当番の日に寝れなかった場合、その翌日にしっかりと休むことが大切です。睡眠不足のまま業務に従事することは、看護師自身の健康を損なうだけでなく、患者の安全にも影響を及ぼす可能性があります。上司や職場の管理者に対して、翌日を元から休みにしてもらうように相談することで、適切な休息を確保できるかもしれません。

緊急訪問で出動した場合は休みにしてもらう

夜間のオンコール当番では、緊急の訪問が求められることがあります。緊急の出動があった場合、その後の睡眠に支障をきたす可能性が高いです。このような場合には、緊急出動後にしっかりと休息を取るために、翌日を休みにしてもらうことを検討してみましょう。安全な医療提供のためにも、看護師の体調管理は欠かせません。

栄養ドリンクなどに頼る

訪問看護のオンコール当番の日に寝れない場合、仕事中の疲労感や眠気を和らげるために、栄養ドリンクなどを活用することも一つの対策です。ただし、長期的な解決策ではないため、あくまで一時的な手段として考えるべきです。過度な摂取は健康に悪影響を及ぼすこともあるため、適切な量に留意することが重要です。

created by Rinker
株式会社 明治
¥5,580
(2024/02/23 01:56:06時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
リポビタン
¥1,244
(2024/02/23 01:56:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

家事などを夫や家族などに頼る(女性の場合)

特に女性の看護師にとって、家事や育児などの負担がある場合、オンコール当番の日に寝れないことはさらなるストレスとなるかもしれません。このような場合には、夫や家族の協力を仰ぐことで、家事や育児の負担を軽減できるかもしれません。共に生活する人々とのコミュニケーションを大切にし、支え合いながら対応することが大切です。

 

まとめ

訪問看護の夜のオンコール当番の日に寝れない理由やその対策について考えてみました。

訪問看護は患者の健康を守る重要な役割を果たしていますが、その一方で夜間のオンコール当番による睡眠不足や寝れない日が多いことがあります。

その理由として、突然の電話による不安や緊張、翌日のプレッシャー、緊急訪問での出動などが挙げられます。

 

突然の電話による不安や緊張は、睡眠の質を低下させる要因となります。

翌日へのプレッシャーも逆に睡眠を妨げることがあり、また緊急訪問での出動は睡眠の断片化を招く可能性があります。

 

そこで、寝れない場合の対策としては、翌日を元から休みにすることや、緊急出動後に休息を取ることが考えられます。また、栄養ドリンクを利用して仕事中の疲労感を和らげることも一つの方法ですが、適切な摂取量に留意する必要があります。さらに、家事や育児などの負担がある場合、家族の協力を仰ぐことでストレスを軽減できるかもしれません。

訪問看護のオンコール当番の日に寝れないことは、看護師の健康や患者への安全な医療提供に影響を及ぼす可能性があります。そのため、上記の対策を活用しながら、健康な生活リズムを保ちつつ、患者への適切なケアを提供するための努力が求められます。看護師自身の体調管理と、職場環境の改善によって、訪問看護の質の向上と健康な職業生活の実現を目指すことが重要です。

訪問看護は夜間オンコールのストレスがある!具体例を紹介します! 「訪問看護のオンコールはストレスが多いって聞くけどどんなものがある?」 「みんなが訪問看護のオンコールでどんなストレスを感...
ABOUT ME
リハウルフ
理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/他に3メディアの編集長/ YouTube「リハウルフ」運営/セミナー経験多数/厚生労働省のホームページを見ることが趣味