介護&診療報酬改定

2022年度診療報酬改定(訪問看護)のまとめ速報〜R4.1.14〜

 

リハウルフ
リハウルフ

2022年度(令和4年度)診療報酬改定の議論が進められています。

今回は、令和4年1月14日時点での訪問看護の速報をまとめます。

 

2022年度診療報酬改定(訪問看護)のまとめ速報

令和4年1月14日に開催された中央社会保険医療協議会総会(第510回)の資料を参考にしております。

 

2022年度診療報酬改定は4つの柱があります。

  1. 新型コロナウイルス感染症等にも対応できる効率的・効果的で質の高い医療 提供体制の構築
  2. 安心・安全で質の高い医療の実現のための医師等の働き方改革等の推進
  3. 患者・国民にとって身近であって、安心・安全で質の高い医療の実現
  4. 効率化・適正化を通じた制度の安定性・持続可能性の向上

 

その中での「新型コロナウイルス感染症等にも対応できる効率的・効果的で質の高い医療 提供体制の構築」の中の『質の高い在宅医療・訪問看護の確保』について、訪問看護に関する検討事項を抜粋しましたので下記に紹介します。

 

2022年度診療報酬改定(訪問看護)の検討事項
  1. 利用者が安心して24時間対応を受けられる体制の整備を促進する観点から、24時間対応体制加算について、複数の訪問看護ステーションが連携して当該体制を整備する場合の要件を見直す。
  2. 感染症や災害が発生した場合であっても、必要な訪問看護サービスが継続的に提供できる体制を構築する観点から、訪問看護ステーションにおける業務継続に向けた計画等の策定、研修の実施、訓練(シミュレーション) の実施等を義務化する。
  3. 機能強化型訪問看護ステーションの更なる役割の強化を図る観点から、 研修の実施等に係る要件及び評価を見直す。
  4. 訪問看護ステーションの利用者に係る関係機関との連携を更に推進する観点から、訪問看護情報提供療養費の対象者及び情報提供先等を見直す。
  5. 医師の指示に基づき、医療的ニーズの高い利用者に対する理学療法士等による訪問看護が適切に提供されるよう、理学療法士等が訪問看護の一環として実施するリハビリテーションに係る訪問看護指示書の記載欄を見直す。
  6. 質の高い訪問看護の提供を推進する観点から、専門性の高い看護師による同行訪問について、当該看護師が受講する褥瘡ケアに係る専門の研修に、特定行為研修を追加する。
  7. 質の高い訪問看護の更なる充実を図る観点から、専門性の高い看護師が、利用者の病態に応じた高度なケア及び管理を実施した場合について、新たな評価を行う。
  8. 質の高い訪問看護の提供を推進する観点から、医師が特定行為を行う必要性を認めた患者の病状の範囲及び診療の補助の内容等に係る手順書を交付した場合について、新たな評価を行う。
  9. 在宅での看取りに係る評価を拡充する観点から、訪問看護ターミナルケア療養費について要件を見直す。
  10. 看護補助者による複数回の同行訪問のニーズを踏まえ、複数名訪問看護加算の要件を見直す。
  11. 退院日の利用者の状態及び訪問看護の提供状況に応じた評価を行う観点から、退院支援指導加算の評価の在り方を見直す。
  12. 訪問看護の事務手続簡素化の観点から、難病等複数回訪問加算等における同一建物内の利用者の人数に応じた評価区分を見直す。

 

全体的な印象としましては、下記のようなことが挙げられます。

 

全体的な印象
  1. 中重度者に対する在宅医療に力を入れましょう!
  2. 質の高い訪問看護を目指しましょう

 

 

訪問看護の「質」というものがどのようなものなのか?

今後の議論のキーワードになりそうですね!

 

 

リハウルフ
リハウルフ

2022年度(令和4年度)診療報酬改定における訪問看護の情報を配信していますので、ブックマーク&お気に入り登録お願いします。

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住/理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/「みんなの介護」ライター/セミナー経験多数(プロフィール欄参照) 他