※当サイトはアフィリエイト広告を利用してます。
訪問リハビリテーション

認知症短期集中リハビリテーション実施加算とは?【訪問リハビリテーション】

 

リハウルフ
リハウルフ

令和6年度介護報酬改定で訪問リハビリテーションに新設された『認知症短期集中リハビリテーション実施加算』について解説します。

この加算は令和6年6月から算定可能な加算となります。

認知症短期集中リハビリテーション実施加算とは?

訪問リハビリテーションにおける認知症短期集中リハビリテーション実施加算は、認知症のリハビリテーションを推進していく観点から、認知症の方に対して、認知機能や生活環境等を踏まえ、応用的動作能力や社会適応能力を最大限に活かしながら、当該利用者の生活機能を改善するためのリハビリテーションの実施を評価するために令和6年度介護報酬改定にて新設された加算です。

単位数

認知症短期集中リハビリテーション実施加算:240単位/日

算定要件

次の要件を満たす場合、1週に2日を限度として加算できる。

 

算定要件

認知症であると医師が判断した者であって、リハビリテーションによって生活機能の改善が見込まれると判断された者に対して、医師又は医師の指示を受けた理学療法士、作業療法士若しくは言語聴覚士が、その退院(所)日又は訪問開始日から3月以内の期間に、リハビリテーションを集中的に行うこと。

 

短期集中リハビリテーション実施加算との併用算定は不可能です。

 

Q&A(厚生労働省より引用)

 

coming soon

 

 

ABOUT ME
リハウルフ
理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/他に3メディアの編集長/ YouTube「リハウルフ」運営/セミナー経験多数/厚生労働省のホームページを見ることが趣味