通所介護

悪いデイサービスの特徴を6つ紹介(職員&利用者さん向け)

 

「自分が通っているデイサービスって他と比べてどうなんだろう?」

「親が通っているデイサービスは他と比べてどうなんだろう?」

「自分が勤めているデイサービスは他と比べてどうなんだろう?」

 

このような疑問を解決できる記事です。

 

この記事でわかることは以下の通りです。

利用者さんにとっての悪いデイサービスの特徴

職員にとっての悪いデイサービスの特徴

 

リハウルフ
リハウルフ

この記事を読めば、自分自身が通っているデイサービスが他と比較して良いのか?悪いのか?わかるようになります。

 

悪いデイサービスの特徴(利用者向け)

利用者さん向けの悪いデイサービスの特徴を紹介します。

このようなデイサービスに通っている場合は、他にもっと良いデイサービスがあるので、ケアマネジャーに相談してみることをおすすめします。

自分自身の親などを良いデイサービスに通わせたいですよね!

デイサービスを選ぶことは利用者さんの自由ですので、自由に選びましょう!

もし、ケアマネジャーが自分自身の法人のデイサービスなどを利用させたいために他の法人のデイサービスを紹介してくれない場合は、地域包括支援センターや市町村の相談窓口に相談することをおすすめします。

 

では、悪いデイサービスの特徴を紹介します。

 

ずっと座らされている

ずっと座らされているデイサービスはあまりおすすめをしません。

私は理学療法士ですので、運動の大切さが分かります。

デイサービスに通っているときにずっと座らされていて、体がどんどん悪くなってしまうのであれば、そのデイサービスはおすすめできません。

運動をしたり、自分のできることは自分でやったり、レクリエーションをしたり、様々なことをして有意義な時間を過ごすデイサービスは他にもたくさんあります。

ずっと座っているだけのデイサービスは良いデイサービスとは言えないと思います。

 

ご飯が冷たい、美味しくない

ご飯が冷たかったり、美味しくないデイサービスも悪いデイサービスだと思います。

皆さん、食事って大事だと思いませんか?

人生の中の楽しみの1つですよね!

そのような食事が冷たかったり、見た目が悪かったり、美味しくなかったら少し残念ですよね。

何事も自分ごととして考えた場合、利用者さんのことを考えて、食事に力を入れてくれているデイサービスの方が良いと私は思います。

最近では食事が美味しいデイサービスは沢山あります。

どこのデイサービスも大体一食600円〜800円程度だと思います。(中には高級なところで一食1,000円を超えるところもあります。)

同じ料金を支払うのであれば、毎食美味しいご飯を食べられるところの方が良いですよね!

デイサービスを選ぶときに、食事も大切にしてくださいね!

 

スタッフの笑顔が少ない

スタッフの笑顔が少ないデイサービスもあまりおすすめはできません。

医療介護は、サービス業でもあり笑顔が大切です。

病気や障害を患い、心身ともにダメージを受けているときに優しく接してくれる方が嬉しいですよね。

一般的な医療介護スタッフは笑顔が素敵です。

しかし、極一部で笑顔が少ないスタッフがいるところもありますので、そのようなデイサービスはおすすめできません。

 

閉鎖的なデイサービス

カーテンを閉め切っていたり、施錠を常にしていたり、暗い閉鎖的なデイサービスもあまりおすすめしません。

中には、施錠しなければいけないような時もありますが、外からも見えて明るい雰囲気のデイサービスの方が良い傾向があると思います。

プライバシーなどの問題もあるかもしれませんが、個人的にはオープンにしてくれるデイサービスの方が好きですね。

 

連絡ノートの記載内容がいつも同じ

連絡ノートの記載内容がいつも同じ印刷やハンコのところもあまりおすすめはできません。

  • 「元気に過ごせていました。」
  • 「楽しくお話できていました。」

通っているデイサービスは、このようなスタンプを毎回押してきませんか?

そしたら要注意です。

利用中のことを見ておらず、作業的に連絡ノートを作成している可能性があります。

同じスタンプを押すくらいなら、押さずにその分接してくれた方がまだマシだと思います。

『やっているふりデイサービス』は悪いデイサービスの一つですね。

 

職員が丁寧語を使えない

言葉遣いが適切ではない職員が多いデイサービスもおすすめできません。

全て敬語とは言いませんが、丁寧語を使えると良いですよね!

最初の契約の時から馴れ馴れしく話してきたら、要注意です。

職員が丁寧語を使えない場合は、他のケアなど悪い傾向もあります。

 

悪いデイサービスの特徴(職員向け)

働いている職員向けにとっての悪いデイサービスの特徴を紹介したいと思います。

もし当てはまったら、それは普通ではありません。

他にもっと良い勤務先もありますので、転職も検討してみてはいかがでしょうか?

 

離職率が高い

離職率が高く職員の入れ替わりが多いところは、何かしらデイサービスに悪いところがあるためだと思います。

ですので、離職率が高く、職員が定着していないところは良いデイサービスとは言えません。

パターンは色々あります。

代表的なものが以下の通りです。

  • 管理者がワンマン
  • 管理者のパワハラ
  • 労働条件が悪い
  • 人間関係が悪い

 

例えば、管理者だけがずっと残っているのであれば、管理者に問題がある傾向が強いです。

 

残業代が出ない

デイサービスに限らず、残業をしたら残業代が支払われることが通常です。

1分でも残業をしたら残業代が支払われるのが通常です。

しかし、残業代が支払われなかったり、朝の勤務時間前に準備をしていたり、勤務時間前にミーティングや送迎を始めているのであれば、それは悪いデイサービスと言えます。

職員の労働条件が悪いところは、利用者さんへのケアも悪いと頃が多い傾向もあります。

 

自家用車を使用させられる

ほとんどないとは思いますが、自家用車を使用しているデーサービスはすぐに辞めた方が良いです。

労働条件が悪すぎます。

 

なかなか休めない

なかなか休めないデイサービスも良い職場とは言えませんね。

デイサービスであっても、年間有給を20日消化でき、好きな時に休めるところは沢山あります。

また、休むときに自分で交代者を探すようなデイサービスも良くないですね。

それは管理者の仕事です。

ですから、「デイサービスだから有給もあまり使えないのも、休みにくいのも仕方がない」と考えずに、しっかりと休めるところを探しましょう。

 

昼休みがない、少ない

  • 昼休みに電話をとる
  • 昼休みに利用者さんを見る
  • 昼休みに利用者さんから呼ばれたら駆けつける

これらはやっている以上、昼休みとしてはカウントされません。

 

昼休みはしっかりと休んで昼休みです。

しっかりと休む昼休みはしっかりと確保できていますか?

確保できていないのであれば、労働基準違反です。

デイサービスに限りませんが、労働基準違反をしている職場は良くないと思います。

 

セクハラやパワハラがある

  • 利用者さんからのセクハラ
  • 上司からのパワハラ

これらがあり、これらを無かったことにしているようなデイサービスは良くないデイサービスですね。

しっかりと親身になり相談に乗ってくれるような上司や同僚がいるところは沢山あります。

 

リハウルフ
リハウルフ

今回は、悪いデイサービスを紹介させて頂きました。

悪いデイサービスは、ごく僅かで、ほとんどのデイサービスがとても良いデイサービスです。

今、勤めているデイサービスがブラックだと感じた職員は、転職することも検討した方が良いですよ。

時間をかけてゆっくりと良い条件のデイサービスを見つけるためにも、すぐに1分で無料で登録できる介護職の方のための転職・就職支援【マイナビ介護職】がおすすめです。



ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住/理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/「みんなの介護」ライター/セミナー経験多数(プロフィール欄参照) 他