※当サイトはアフィリエイト広告を利用してます。
リハビリ全般

【2023年最新】パーキンソン病のおすすめ本のまとめ

 

パーキンソン病のおすすめの本を知りたい!

そんな疑問を解決できる記事です。

 

最近のパーキンソン病の本をおすすめ順に掲載しました。

書籍の内容はAmazonの掲載内容を紹介しています。

 

ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです。

 

【2023年最新】パーキンソン病のおすすめ本のまとめ

パーキンソン病のおすすめの本を紹介します。

図解 よくわかるパーキンソン病の最新治療とリハビリのすべて

本の内容
  • パーキンソン病の正しい知識
  • パーキンソン病の検査と知識
  • パーキンソン病の治療は薬物療法が基本
  • リハビリテーション
  • 症状別対処法
  • 日常の生活方法
  • 療養生活を支える支援制度や団体など

 

パーキンソン病と診断されたら最初に読む運動の本

本の内容

パーキンソン病と診断された人向けの運動を多数紹介。

毎日やっておくべきルーティンワークから症状に応じて座ってできる運動まで多数紹介。

また「寝返り」や「歩行」、「立ち上がり」など

日常生活で困ることへの予防につながる運動をタイプ別に解説していきます。

 

パーキンソン病患者さんのためのガイドライン:病気を理解し上手く付き合っていくために

本の内容
  • パーキンソン病とはどんな病気?
  • どんな人がパーキンソン病と診断されるのか?
  • 治療の主軸、レボドパ配合剤の仕組み
  • パーキンソン病の治療薬と合併症
  • 病気が進行するとどうなるか?
  • 進行期における治療
  • 新しい治療法の研究
  • リハビリと日常生活の工夫
  • パーキンソン病の「?」に答えるQ&A

順天堂大脳神経内科ではこうしている 最新 パーキンソン病診療

本の内容

パーキンソン病(PD)の研究・治療おいて,世界を牽引する順天堂大脳神経内科の医師たちが全項目にわたり執筆した豪華な1冊。

初診患者の診かたから、検査、鑑別診断、治療、そしてCOVID-19を契機に急務となったオンライン診療やIT技術の活用法まで、順天堂大が行っている最新かつ有効な診療技術を余すところなく解説。

 

ウルトラ図解 パーキンソン病

created by Rinker
株式会社法研
¥1,650
(2024/02/22 16:59:18時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

超高齢社会を迎え、益々発症頻度が上昇しているパーキンソン病の原因、検査、診断、治療法、リハビリテーションや体操、毎日の生活の過ごし方等々、パーキンソン病とつきあっていくために必要なさまざまな情報をやさしい図解とともにわかりやすく解説、パーキンソン病の患者さんと家族など周囲の人のために、少しでもお役に立てることを着眼しています。

パーキンソン病診療ガイドライン2018

created by Rinker
¥5,480
(2024/02/22 16:59:19時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

治療に特化していた前版「パーキンソン病治療ガイドライン2011」から7年、名称を“診療”ガイドラインに変更した改訂版が、満を持して登場!

最新治療はもちろん、新たに国際的な診断基準や画像検査、病因なども網羅した。

厳選したクリニカルクエスチョン(CQ)と50のQ&Aで、臨床の課題を徹底解説する。

実践!パーキンソン病治療薬をどう使いこなすか?

本の内容

『パーキンソン病診療ガイドライン2018』の内容を反映した上でガイドラインでは触れられない実践的な部分まで,具体的な処方例を交え解説.薬剤の選択,複数薬の併用方法,減薬方法,副作用への対応など,患者一人ひとりの症状・状況に応じたきめ細やかな薬物治療について学べる一冊.

パーキンソン病は自分で治せる!

created by Rinker
¥1,430
(2024/02/23 03:46:50時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

本書では、パーキンソン病が起こる原因や症状、診断基準から、いまどれくらいドーパミンがあるか、新薬や治療法の説明、またこのドーパミンをできるだけ自分でたくさん分泌させる方法をやさしく解説しています。

別冊医学のあゆみ パーキンソン病を解剖する-過去,現在,そして未来へ 2022年

本の内容

総論
1.パーキンソン病の歴史
2.パーキンソン病の病理─過去,現在,未来
診断・症状
3.パーキンソン病の臨床診断基準─種類とその精度(鑑別診断も含む)
4.パーキンソン病の運動症状
5.パーキンソン病の非運動症状
6.パーキンソン病の病態生理─大脳基底核の役割
7.パーキンソン病の眼球運動
基礎研究の進展
8.α-シヌクレイン細胞間伝播─メカニズムから新規治療へ
9.パーキンソン病の分子遺伝学─家族性パーキンソン病
10.孤発性パーキンソン病のゲノム背景
11.パーキンソン病の診断バイオマーカー
12.基礎研究のためのパーキンソン病モデル
13.パーキンソン病薬物治療の変遷
14.新しいパーキンソン病治療薬の登場とその適応─MAO-B阻害薬,COMT阻害薬
15.ドパミン受容体作動薬貼付製剤を用いたContinuous Drug Delivery(CDD)
新たな治療法
16.Device aided therapyの適応とその種類
17.パーキンソン病における運動療法の有効性
18.パーキンソン病における疾患修飾療法の可能性
19.パーキンソン病における細胞移植療法の過去・現在・未来
20.オンライン診療の現状と課題

最新版 順天堂大学が教えるパーキンソン病の自宅療法

本の内容
  • パーキンソン病になっても、寿命まで元気に生活できる!
  • パーキンソン病とはどんな病気なのか?
  • 新薬が続々登場! 薬の使い方、効果についてくわしく知る
  • 意外と知らない人が多いパーキンソン病の外科手術
  • リハビリテーションの重要性と家庭でできる簡単ケア
  • 短い時間でも、満足できる診察を受けるコツ

みんなで学ぶパーキンソン病(改訂第2版): 患者さんとともに歩む診療をめざして

本の内容

パーキンソン病の全体像を,正しい知識の普及を目的に第一人者が分かりやすく解説した好評書の改訂版.症状や具体的な治療,リハビリテーションの実際,病状が進んだときの対処法などを中心に,最新の知識も交えて学ぶことができる.専門家でなくとも理解できるよう工夫され,患者さんによく聞かれるQ&Aも掲載.医療スタッフだけでなく,患者・家族にも是非一読してほしい一冊.

パーキンソン病のことがよくわかる本

本の内容
  • 運動障害だけじゃないパーキンソン病の症状
  • なぜ起きる? これからどうなる?
  • 薬や手術で上手にコントロール
  • 運動と前向きな気持ちが改善の鍵
  • 困った症状も工夫しだいで乗りきれる

パーキンソン病の理学療法 第2版

created by Rinker
¥7,700
(2024/02/22 09:11:14時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容

序論 パーキンソン病に対する理学療法のパラダイムシフト
総論
(1)病態と薬物療法
(2)運動症状と非薬物療法
(3)すくみ足
(4)運動制御異常
(5)下肢協調障害
(6)パーキンソン病の認知機能障害
(7)疲労
(8)理学療法機能診断
(9)理学療法のエビデンス
(10)理学療法に関するリスクマネジメント
各論
(1)姿勢異常
(2)すくみ足
(3)歩行障害に関するこれまでの知見
(4)歩行補助具の適用法
(5)バランス障害
(6)転倒と認知機能
(7)運動のための外的キューと認知戦略
(8)パーキンソン病の遂行機能障害への対策
(9)有酸素運動とレジスタンストレーニング
(10)体力低下
(11)呼吸障害
(12)パーキンソン病の嚥下障害
(13)基本動作トレーニング(歩行以外)
(14)生活機能トレーニング
(15)脳深部刺激療法前後の理学療法機能診断と介入
(16)在宅における生活適応支援の実際

NHK出版 病気がわかる本 パーキンソン病を知りたいあなたへ

本の内容

パーキンソン病は、早期に発見して適切な治療を受けることが重要。薬物療法で長く良好な状態を保ち、リハビリによって悪化を防ぐことができる。名医が、基本的な病気の仕組みから治療の流れ、最新治療までを丁寧に解説。よく知ることから、治療の第一歩を!

パーキンソン病の医学的リハビリテーション

created by Rinker
¥6,820
(2024/02/22 16:59:20時点 Amazon調べ-詳細)

本の内容
  • パーキンソン病のリハビリテーション─総論
  • パーキンソン病の運動療法,作業療法,言語療法,摂食嚥下訓練
  • パーキンソン病の音楽療法
  • 地域での連携
  • パーキンソン病における介護・福祉・心理的サポートなど
  • その他のリハビリテーション・取り組みなど

 

リハウルフ
リハウルフ

今回はパーキンソン病のおすすめの本を紹介しました。

ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです。

日本人に多い難病をランキング順で解説します!「日本人に多い難病ってどんなものがあるの?」 「自分は難病だけど、同じ難病の人はどのくらいいるのだろう?」 このような疑問を...
難病医療費助成制度(54)について超分かりやすく解説します! 「難病医療費助成制度とは何?」 「介護保険でも難病医療費助成制度は利用可能?」 こんな疑問はありませんか? ...
ABOUT ME
リハウルフ
理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/他に3メディアの編集長/ YouTube「リハウルフ」運営/セミナー経験多数/厚生労働省のホームページを見ることが趣味