※当サイトはアフィリエイト広告を利用してます。
訪問看護

訪問看護の冬の寒さ対策グッズを紹介!これで寒い冬を乗り越えよう!

 

訪問看護の冬がとても寒いんだけど、みんな寒さ対策している?

訪問看護の冬の寒さ対策グッズで良いもの知らない?

このような悩みがある訪問看護師もいるのではないでしょうか?

 

本記事では、訪問看護の冬の寒さ対策に焦点を当て、なぜ冬が寒いのか、どのような対策グッズがあるのかについて詳しく説明します。

 

訪問看護の冬が寒い理由

訪問看護の冬が寒い理由は以下のようなことが挙げられます。

 

訪問看護の冬が寒い理由
  • 都会は自転車で移動するから寒い
  • 屋外歩行をするときに寒い
  • 利用者さんの家が寒いことも多い
  • 冬は風が強く雨が降ると余計に寒い
  • 雪国だと余計にきつい

 

それぞれ説明します。

 

都会は自転車で移動するから寒い

都市部の訪問看護の仕事では、自転車を利用することが一般的です。

しかし、自転車は風を受けやすく、特に冬の季節は風冷えが厳しいです。

また、自転車での移動中、体温が下がりやすいため、看護師は外気温に敏感になります。

 

屋外歩行をするときに寒い

訪問看護の仕事では、利用者さんと屋外歩行練習なども行うことがあります。

特に冬季は気温が低く、寒風が吹くため、看護師は外の寒さを感じることが多いです。

これにより、体力の消耗や体調不良のリスクが高まります。

訪問看護は屋外歩行が可能な条件とは!?買い物同行などの条件も解説! 訪問看護ステーションで理学療法士等のリハビリ専門職が多く働くようになってきています。 その中でこのような疑問を抱いたことは...

 

利用者さんの家が寒いことも多い

訪問看護の対象である利用者さんの家が暖房不足であることがあります。

高齢者の住宅では、十分な暖房が行き届いていないことが多く、看護師は訪問先での寒さに対処しなければならない場面が増えます。

これが看護師自身の体調に悪影響を及ぼすことも考えられます。

 

冬は風が強く雨が降ると余計に寒い

冬季には風が強く、雨や雪が降ることがあります。

これにより、看護師は寒冷な天候にさらされ、体温を保つのが難しくなります。

悪天候下での訪問は、交通事故や体調不良のリスクを増加させます。

 

雪国だと余計にきつい

特に雪国地域では、厳しい冷え込みや積雪があります。

このような環境では、訪問看護がますます厳しいものとなります。

雪国では路面の凍結にも注意が必要であり、訪問看護師は安全に移動するための装備と知識が求められます。

 

訪問看護の冬の寒さ対策グッズを紹介

訪問看護の冬の寒さ対策には、様々なグッズが活用されています。

これらのグッズを使うことで、看護師は寒冷な環境でも快適に行うことができます。

 

ダウンジャケット

ダウンジャケットは訪問看護師にとって冬の必需品です。

軽量かつ保温性に優れており、寒風から身を守ります。特に防寒性が高く、動きやすいデザインのものを選ぶと、作業効率を保つことができます。

ポケットにはホッカイロを入れて、さらに暖かさをキープするのがおすすめです。

 

手袋(屋外歩行用、自転車用)

手袋は寒冷な環境での訪問看護において欠かせないアイテムです。

特に自転車を利用する場合、風切り効果のある手袋が重要です。

指先が操作しやすいタイプのものも選びましょう。

また、屋外歩行用と自転車用の2種類の手袋を持つことで、様々な状況に対応できます。

 

ホッカイロ

ホッカイロは訪問看護師にとって頼りになる暖房アイテムです。

小さな袋に入ったホッカイロをポケットや手袋の中に挟むことで、体温を保ちます。特に長時間の訪問時や寒冷地域での作業時に重宝します。ホッカイロは使い捨てのものから再利用可能なタイプまでさまざまな種類があります。

created by Rinker
ホッカイロ
¥680
(2024/02/22 18:37:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

ネックウォーマー

首元は体温調整に重要な部位です。

寒冷地域での訪問看護では、ネックウォーマーを使って首元を保温し、風邪を引かないように気をつけましょう。

ネックウォーマーは通気性が良く、調整可能なものが多いため、快適に着用できます。

 

ヒートテック

ヒートテックは寒冷な環境での下着として人気があります。

薄い素材ながら優れた保温性を持ち、動きやすさも保ちます。重ね着に適しており、寒い冬の訪問看護にはうってつけです。

特に長時間の屋外作業において、体温を一定に保つ役割を果たします。

 

まとめ

訪問看護の冬の寒さは看護師にとって厳しいものですが、適切な対策グッズを活用することで快適に作業を行うことができます。

ダウンジャケット、手袋、ホッカイロ、ネックウォーマー、ヒートテックなど、これらのアイテムを上手に組み合わせて、寒冷な環境でも高品質な訪問看護を提供しましょう。

冬の訪問看護においては、看護師自身の健康と安全も大切にし、利用者さんの健康と幸福を支える役割を果たしましょう。

 

ABOUT ME
リハウルフ
理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/他に3メディアの編集長/ YouTube「リハウルフ」運営/セミナー経験多数/厚生労働省のホームページを見ることが趣味