制度の勉強

介護保険の特定疾病一覧!16種類をわかりやすく解説します!

介護保険の特定疾病ってなに?

16種類の介護保険の特定疾病一覧を知りたい!

 

そのような悩みがある人向けの記事です。

 

この記事でわかることは下記の通りです。

・介護保険の特定疾病とは?

・介護保険の特定疾病の診断基準

・介護保険の特定疾病一覧

・介護保険の特定疾病の覚え方

 

リハウルフ
リハウルフ

介護保険の特定疾病について学んでいきましょう!

 

介護保険の特定疾病とは?

介護保険には特定疾病という16種類の疾患があります。

 

Q

なぜこの16種類の特定疾病を覚える必要があるのでしょうか?

 

A

40歳〜65歳未満の場合は、この特定疾病が診断名についていないと、介護保険の認定を受けることができないからです。

※具体例を示すと、45歳の交通事故による脊髄損傷の方は、介護保険の認定を受けることができません。(脊髄損傷は特定疾病ではないため)

 

介護保険制度の中で16種類の特定疾病は重要な疾患と言えます。

 

介護保険の特定疾病の診断基準

ちびウルフ
ちびウルフ
どのような疾病が特定疾病になるの?

 

リハウルフ
リハウルフ

介護保険の特定疾病は下記のような疾病のような基準で選ばれているよ!

 

厚生労働省によると、特定疾病とは、『心身の病的加齢現象との医学的関係があると考えられる疾病であって次のいずれの要件をも満たすものについて総合的に勘案し、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因し要介護状態の原因である心身の障害を生じさせると認められる疾病である。』

 

次の要件とは下記の2つを指します。

  1. 65歳以上の高齢者に多く発生しているが、40歳以上65歳未満の年齢層においても発生が認められる等、罹患率や有病率(類似の指標を含む。)等について加齢との関係が認められる疾病であって、その医学的概念を明確に定義できるもの。
  2. 3~6ヶ月以上継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる疾病。

 

介護保険の特定疾病一覧

介護保険の特定疾病一覧です。

下記の16種類があります。

 

介護保険の特定疾病一覧(16種類)
  1. がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

ちびウルフ
ちびウルフ

この中でもどの疾病が多いの?

 

リハウルフ
リハウルフ

多くみられるのは、脳血管疾患、変形性関節症、脊柱管狭窄症とかかな!

 

介護保険の特定疾病の覚え方

ケアマネジャーの試験などで、介護保険の特定疾病を覚える必要があります。

その時の覚え方で有名なものを1つ紹介します。

その方法は、語呂合わせで覚えるという方法です。

 

パセリ残したガキ外へ

 

介護保険の特定疾病一覧(16種類)

=(ーキンソン病関連疾患)進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病

髄小脳変性症、柱管狭窄症

=関節ウマチ

血管疾患

縦靱帯骨化症、折を伴う骨粗鬆症

老期における認知症

系統萎縮症

ん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)

萎縮性側索硬化症

老症

尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症

塞性動脈硬化症、慢性塞性肺疾患、両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う形性関節症

 

 

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住/理学療法士/「リハコネ式!訪問リハのためのルールブック」監著・編集/「ビジケア訪問看護経営マガジン」編集長/「みんなの介護」ライター/セミナー経験多数(プロフィール欄参照) 他